バイアグラならお任せ!バイアグラの名前は男性ならばよく耳にすることがあるかもしれません。こちらではバイアグラの解説をしたいと思います。

  • ホーム
  • バイアグラの正しい服用方法は?

バイアグラの正しい服用方法は?

金色のサプリメント

バイアグラは、ED治療薬として高い効果が認められ、服用も比較的安全とされていますが、用法や用量についてしっかりと守る必要があります。
1回の服用量は通常25mgから50mg程度ですが、初めての服用は25mg程度とし、服用後24時間は間隔を開ける必要があります。通常の薬剤のように食後に服用すると、効果が現れにくい場合があるため、空腹時かつ行為の約1時間前の服用が基本で、効果の持続は4時間から5時間程度です。
牛乳など脂肪分を含む飲料で飲むと効果が薄れることがあるため、できるかぎり水で飲むのが基本です。
服用後は、目眩など一時的な視覚障害が現れることがあるため、車の運転等は控えます。
禁忌とされる薬剤は、塩酸アミオダロンや硝酸剤、一酸化窒素供与剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬等で、これらの薬剤を服用している場合は、バイアグラの使用を控える必要があります。
肝機能に重篤な障害がある場合や、性行為自体が止められている人、心筋梗塞のほか脳出血や脳梗塞の既往歴がある人、進行性の夜盲症を患っている場合も服用を避けるべきです。心血管に障害を持っている場合は、バイアグラを服用しての性行為の際に、心拍数や血圧の異常な上昇が起きる可能性があるため、服用しないことが望まれます。
また、血圧の下限値が50mmHgに満たない、あるいは上限値が90mmHg未満など極端な低血圧や、上限値が170mmHgを超える高血圧を患っている場合も同様です。
過去にバイアグラあるいは同様の成分を含んだ薬剤を服用し、発疹やかゆみ等の症状が現れた経験がある場合や、勃起状態が4時間以上続いたことがある場合は、服用すべきではありません。
このほか、未婚の未成年者は服用が禁じられています。

関連記事